安全なすり抜けをしましょう

  1. >
  2. >
  3. 安全なすり抜けをしましょう

バイクで気を付けたい、すり抜け

バイクを乗っている際によくすることが多いものとして、すり抜けがあります。
渋滞でゆっくりと進んでいる車の間を縫うようにして走り抜けたり、通常の速度で走っている車の間をより速いスピードですり抜けるような行為を指しますが、これはルールを守ることが大切です。
すり抜けは自分はスムーズに走ることができるのでついやってしまいがちですが、周りの方からするとやはり少し迷惑に感じる方も多い行為です。

特に、渋滞をすり抜けできるのはバイクの大きなメリットと考えている方は多いと思います。
すり抜けは禁止ではないのでやっても一応大丈夫ですが、ポイントを守って安全に行なうことをおすすめします。
その方が周りの方にもあなたにも良いはずです。

すり抜けはルールを守ろう

すり抜けのルールとしては、追い越しのルールを守る必要があります。
ルールの一つめが、追い越しは右側からする必要があるということです。
左側からしてしまうとルール違反になってしまうので気を付けましょう。

二つめのルールとして、周りの車などが道路の中央や右側を走っている場合には、左側から追い越しをする必要があります。
左側からの追い越しは基本はルール違反ですが、他の車が右や中央に寄っている場合は左からでも大丈夫ということになります。

これら二つのルールをまずはしっかりと覚えておきましょう。
また、多いのがセンターラインの上をずっと走っていくという走り方です。
これもルール違反になってしまうので、これまでやっていた方は控えるようにしましょう。
さらに、高速道路などで次々と編み目のようにすり抜けていくのも周りの車への迷惑行為となり、警察がいた場合はペナルティとなってしまいます。

また、すり抜けの際には速度にも気をつけておく必要があります。
とても速いスピードですり抜けていく方もいますが、これは周りの方にとってとても危ないと感じる行為です。
自分は分かっていると思っていても、周りの方が対応できずに事故に繋がってしまう可能性はあるので、そうした事故を誘発しないように気をつけておきましょう。

安全運転で、すり抜けは極力控えよう

以上、すり抜けについてご紹介してきました。
すり抜けは特にバイクに慣れてきた方に多い行為です。
段々と自分の運転技術に自信がついてくると、ついこうしたすり抜けも多用した走りになってしまいがちです。
ですがこれまで述べてきたように、周りの方に大きな迷惑を与えているので、今後はしっかりと注意することをおすすめします。

安全に運転して、その上で時々やるのは仕方がない時もあります。
常に積極的にすり抜けを活用するつもりでいるのはやめるようにしましょう。

駆け出しライダー情報局

運営者情報

運営者情報

ライダー情報局

サイト概要

「駆け出しライダー情報局」は、新しいライダーたちが安全かつ楽しくバイクライフを始められるようにサポートすることを使命としています。初心者から上級者まで、幅広いライダーに役立つ情報を提供し、モーターサイクルコミュニティを豊かにできる情報をお届けします。

Copyright ©2024駆け出しライダー情報局All Rights Reserved. |サイトマップ