ハイビーム・ロービームの使い分け

夜間はハイビームで

オートバイにはライトが搭載されていますが、ハイビームとロービームの2段階使えることは広く知られているでしょう。
しかしどのようにして使い分ければいいかわからないという人もいるかもしれません。
ライトの使い方にはいろいろとルールがあります。

基本的にハイビームは夜間に運転する際に使用すべきです。
ロービームは40メートル先くらいまでしか照らすことができません。
一方ハイビームになると100メートル先まで照らすことができます。

安全運転をするためには、先々の交通状況を確認しておく必要があります。
倍以上先を見通せるハイビームを使ったほうが、より広く交通状況を確認できます。
人の存在や路面に落し物があった場合にいち早く気づけ、衝突を回避できる可能性も高まるからです。

切り替えのタイミングを理解する

しかしずっとハイの状態で運転し続けることも交通違反です。
対向車とすれ違う、先行車がいる場合にはローに落とさなければなりません。

もしハイビームの状態で対向車両と交差した場合、相手の目にライトが直撃する危険性があるからです。
一瞬見えなくなって、それが事故の原因となる可能性があります。
車両と行きかう際にはローに素早く切り替えることが大事です。

フォグランプが搭載されている車種に乗っているのであれば、必要に応じて利用するといいです。
例えば雨天や濃霧の発生したときなどはおすすめです。
ハイビームを使ってしまうと光が拡散してしまう恐れがあるからです。
このように周りの環境を見て、すぐに切り替えできるように心の準備をしておきましょう。

罰則規定のある点にも注意

ライトを適切に使用していなかった場合、道路交通法違反となってしまいます。
もしライトの不適切な使用を景観に見られた場合、反則切符を切られる可能性があるので注意しましょう。

夜間にハイビームをつけていなかった、対抗車両とすれ違う際にローに落とさなかった場合、いずれもペナルティの対象です。
反則金は車種によって異なります。
二輪車の場合6000円・原付の場合5000円の反則金を納付しなければなりません。
決して安くないペナルティなので、夜間に運転する機会の多いライダーは特に注意が必要です。

ライトはバイクの義務

ライトについて勘違いしている人も多いかもしれませんが、基本運転する際にはライトを付けなければなりません。
オートバイは日中でも点灯させなければならないルールになっているからです。

ただし上で紹介したように、状況に応じて使い分けをした方がいいです。
適切にライトを使用していないと、場合によっては反則切符を切られる恐れもあります。
ライトの正しい使い方をマスターして、周囲に配慮した安全運転を心がけましょう。