駐車場と駐輪場

二輪の駐車場の使い方・・正しい駐車場の使い方を知っていますか?

原付も二輪も車より場所を取らないので、駐車場のどこにでもさっと駐車できるというイメージがあります。
駐車場によってはバイクの駐車スペースが用意されていることもありますが、用意されていない場合、ここに止めていいのか?悩むこともあるでしょう。

実は50㏄を超えるバイク、50㏄以下のバイクによって駐車する場所が違うのです。
以外と知らない人が多い、バイクの駐車場利用について考えてみましょう。

50㏄以下の原動機付自転車は「駐輪場」に止めることが必要

駐輪場は自転車を止める場所ですが、自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律第2条2項によって、自転車等の定義から原動機付自転車を止める場所となっています。
原動機付自転車はその名の通り、駐車する区分で行くと自転車の中に含まれるため、駐車場ではなく駐輪場に止めることが求められます。

原付に乗っている人の中には、自動二輪の同じ意識で乗っている人も多いのですが、原付は3車線以上の路線では二段階右折(そうではない場合もある)が必要となり、通常の自動二輪とは違うという意識が必要です。
駐輪場が用意されている場合、原付は駐輪場に止めるのが正し判断となります。

50㏄以上のバイクは駐車場に止める

駐車場法を読んでみると駐車場は「自動車の駐車のため」の施設と書かれています。
では自動車とは何か読んでみると、道交法第二条第一項九号に規定する車です。

これは何かというと、自動車・原動機を用い、かつレールまたは架線によらず運転する車、「原付以外のもの」と定義されています。
原付は道交法で50㏄以下となっているため、原付は駐車場に止めず、50cc以上のバイクは駐車場に止めることが必要です。

原付というと最近は50㏄を超え125cc以下の原付二種もあります。
原付二種の場合、道路運送車両法では原付二種、道交法では普通自動二輪になるため、法律上、原付と名がついていても自動車扱いとなり駐車場に止めることが必要です。

現場によって判断が異なる場合もある

バイクを駐車する場所は原則、駐車場法・自転車法によって決められているのですが、施設によっては異なる場合もあります。
例えばスーパーなどでは、法律上、駐車場に止めるべき50㏄以上のバイクも、駐輪場に誘導されることがあるのです。

自動二輪の場合、駐車場に案内されるのが一般的ですが、50㏄を超え125㏄以下の原付二種に関しては、消防法・建築基準法に触れない屋外の駐輪場に案内されるケースが多いといわれています。
施設によって判断が異なることもあるので、誘導員に従いましょう。

50㏄以下のバイクなど、駐輪場に止める必要があるバイクで駐輪場を探しても施設によっては用意していないところがあります。
また施設以外、公共や民間のバイクの駐車場を探すのが大変なエリアもありますが、日本二輪車安全普及協会運営の全国バイク駐車場案内によってネットから簡単に駐車場を検索できるようになりました。
駅や地名、施設名から検索でき、料金もわかるので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です