林道デビューする際の心得

林道バイクの楽しさ

映画で見るような林道を楽しそうに走っていく姿にあこがれるという人も多いものです。
未舗装のダートを走って進んでいくというのはバイクだからこそ楽しめるものであり、最近では舗装された道が多いからこそ未舗装のこのような林道にあこがれる人も多くいます。

とはいっても、未舗装を走るのは決して簡単なことではありません。
だからこそ楽しく魅力的ではあるものの、走るにあたっては注意が必要です。

最近では、こういったニーズに応えるために走りやすい林道も増えています。
きちんと事前準備をして林道バイクを楽しんでみましょう。

林道バイクに必要な準備

林道バイクはオフロードバイクを用意することが必要です。
最近では舗装されていて走りやすい林道もありますが、そういった道でも走っている途中で未舗装区間が入ってくることもありますし、落ち葉やコケが多くありすべりやすいという道があります。
オフロードバイクでなくても走れる林道もありますが、オフロードバイク以外で行くという場合には全面が舗装されているのかということを確認しておきましょう。

次に装備もいつもと違うものを包囲することが必要です。
転倒することも多いので全身プロテクターをしておくほうが安心できますが、ない場合には肘と膝のプロテクター、ブーツは用意をしておくほうが安心できます。

また、普段使っているオンロード用のウェアでもよいのですがモトクロスジャージやプロテクター、オフロードブーツは持っておくと安心できます。
汚れても洗いやすいという点でもこういったオフロード用のアイテムは便利です。

林道を走るということで転倒をする可能性もあり、その際にバイクがダメージを受ける可能性もあります。
そこで工具やスペアパーツといった修理用のアイテムを用意することとメンテナンスの知識も身につけておくことが望ましいです。

転倒した際にガソリンが漏れてしまうこともありますし、なかなか給油できる場所がないということもありますし、場合によっては迷子になるということもあります。
そこで林道に入る前にガソリンは必ず満タンにしておきましょう。
林道に入る前にあるガソリンスタンドには立ち寄って満タンにしたうえで林道に入っていきましょう。

注意点

装備をきちんとしても必ずしも安全というわけではありません。
初心者のうちはうまく走れないことも多いので必ず単独行動は避けましょう。
何かあったときにもう一人いれば心強いですし対応もききます。

また、林道は交通量が少なく道を見ると気持ちが高まってしまいどうしてもスピードを出しがちです。
オーバースピードで走ると転倒の可能性もありますし、対向車が来た時にきちんと避けられない可能性もあります。
何か起きたらすぐに対応ができるよう、スピードの出しすぎやわき見運転をしないよう注意をしましょう。