制動距離&車間距離の取り方

バイクの一般的な制動距離の知識

バイクに乗るときに必ず意識しておきたいのが制動距離についてです。
制動距離とは、走行中にブレーキをかけてから完全に停車することができるまでの距離のことで、それまで出していたスピードが早くなるほど制動距離も伸びていきます。

ただしこのときに注意をしたいのが、制動距離は速度の倍大きくなるという特徴があるということです。
具体的にはバイクのスピードが二倍の速さになった時、制動距離は4倍になるということで一般道よりも高速道路などでは注意が必要となります。

適正な制動距離を判断するということは、「危険を発見してから止まることができるまでの距離」をはかるということにもなります。
高速道路では単調な道路環境が続くことからつい運転が万全になりやすく、前方に危険があると発見するのが遅れるとさらに制動距離は伸びてしまいます。

公式の実験データによると、バイクの制動距離は50km/h走行時では空走距離14mに制動距離18mの合わせて32m程度、これが100km/hになると空走距離は28mに制動距離は84mと合計で112mもの距離となります。

ちなみに「空走距離」というのは危険を察知してからブレーキをかけて、実際に制動が開始されるまでの時間のことです。

高速道路上ではバイクも最高速度100km/hで走行することができますので、危険があるとわかってから100m以上もの距離をかけてようやく止まることができるということが頭の中にあるだけでかなり運転は変わってくるのではないかと思います。

車間距離の取り方について

一般道路の場合、途中に信号や交差点があることから特に意識しなくても自然に前の車両と距離を離していることが多いのではないかと思います。
ですが高速道路に乗ってしまうと自分で休もうとしない限りはずっと運転をし続けることになりますので、普段の一般道と同じ感覚で運転をしていると前に説明したような制動距離の不足が発生してしまいます。

高速道路で車間距離の目安となるのが道路上に設置されている距離標識です。
走行中に見える標識で前の車両と何メートル離れているかがわかるようになっているので、周囲の自動車の流れに逆らわないように距離を適切にとっていくようにしましょう。

特に坂道のある道路では自分の体感スピードと実際のスピードが異なることも多いので、スピードメーターを気にしながら適切な車間距離をとっていくようにしてください。

もう一つ車間距離について注意したいのが、ライダーの体調や天候状況によっても制動距離は伸びるということです。
雨や雪の時には制動距離がまた大きく伸びますし、夜間や霧の中などではそもそも危険を発見する時間が長くなってしまう傾向があります。

危険な環境だと思ったら普段よりも少し長めに車間距離をとって気持ちを引き締めた運転をしていってください。