取りやすくなった原付二種とは

2日で取得できる原付二種!原付二種ってどんなバイク?

原付といえ50㏄一家のバイクをさし、車の免許を取得すれば乗ることができるバイクというイメージがあります。
単独で原付免許を取得する場合も、筆記試験のみなので手軽に取得できる免許です。

原付は法定速度が30km/h以下でなければならないことや、3車線以上の車線がある所は基本的に二段階右折になるなど、通常のバイクとは異なる法規もあります。
しかし原付二種は50㏄から125㏄のバイクとなるため、法定速度も自動二輪同様60km/hですし、二段階右折の必要もありません。
2人乗りもできるので、自由度の高い原付といえるのです。

原付二種は2日で取得できる?

50㏄以下の原付は教習所で学科試験を受けることで1日取得ができ気軽です。
しかし原付二種はマニュアルで最短3日、オートマなら最短2日で取得できるようになり、注目を集めています。

原付二種の免許は小型限定普通二輪となり、その次に排気量が大きいバイクに乗れる免許は普通自動二輪免許です。
400㏄以下のバイクが対象となり、このバイクを公道で運転する場合、一般的に1ヶ月、合宿免許でも1週間かかります。
排気量は小さくなりますが、2人乗りもできスピードもバイク同様に出すことができる原付二種は気軽でより自由度の高いバイクなのです。

原付二種を取ったら乗りたい!PCX

PCXは原付二種の中でも人気のある車両です。
街乗りもラクラクでき、通勤通学に最適といわれているPCXは、125㏄スクーターの王道とも呼ばれ、信号待ちからスタートする時の加速性も、パワーも十分といわれています。

リッター40㎞を超えるといわれる燃費性能の高さも魅力です。
特にハイブリッド採用のPCX HYBRIDは人気があります。
デザイン性もよく、かっこいいバイクとして幅広い年齢層の方々に人気のバイクです。

コスパを考えるならスーパーカブ110

カブといえば世界中にファンがいる歴史の長いバイクです。
商業用にも人気がありますし、普段乗りとしても人気があり、かわいいカラーリングのカブもあるので、女性からも支持が高いといわれています。

積載能力も走破力も高く、通勤、通学以外、ちょっとしたツーリングにもおすすめです。
カブ110は、クラッチがないタイプなので、小型二輪免許でも乗ることができます。

スポーツタイプのバイクが好きならGROM

スポーツタイプのバイクが好きという人なら、正統派スポーツといわれるGROMがいいでしょう。
GROMは125㏄で9.8馬力、しかし重量が104㎏なので軽く取り回しやすいバイクです。
見た目、スポーツタイプなので男性におすすめのバイクともいえますが、足つきがとてもいいので女性にも安心です。

坂道もパワフルでワインディングにも適しています。
待ち乗りにもツーリングにも利用できる便利なバイクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です