カワサキの特徴

  1. >
  2. >
  3. カワサキの特徴

造船所からスタートした大型バイクメーカー

現在日本国内のバイクメーカーは実質的に4社が独占する形となっています。
しかしかつては日本には100社を超えるバイクメーカーが存在しており、それが時代とともに淘汰されていくことで最終的に四社に絞られたという歴史があります。

現在でこそ国際的な知名度のあるHonda、YAMAHA、SUZUKI、KAWASAKIですがいずれも最初から大資本によって経営されてきた財閥企業というわけではなく、もともとは小さな町工場から開発がスタートされています。

そんな中でもともとバイクを作る会社ではないところからスタートをしたのはKAWASAKIのみです。
「カワサキ」というブランドが誕生したのは1896年のことで、創始者である川崎正蔵により作られた「川崎造船所」に由来しています。

川崎正蔵は鹿児島の呉服商の息子として生まれているのですが、のちに長崎で貿易を学び海運業の仕事につきます。
そのときに和船よりも遥かに性能のよい洋船の魅力を知り、41歳の時に自分で船を作る川崎築地造船所を創設します。
創業から7年後に日清戦争が勃発したことにより一気に造船需要が高まり、株式会社化をしたことにより川崎造船所が設立されます。

戦時中には造船だけでなく鉄道車両や橋桁、航空機工場、大型バスといった多角経営を行っていくのですが、第二次世界大戦が終戦するとGHQに工場が収用されたことで大きな路線変更を迫られます。

その中で誕生したのがバイクへの転換で、大型重機を取り扱ってきたエンジン製造の技術を活かしたバイク開発が進められていくことになりました。

「漢のKAWASAKI」と言われるゆえんとは

バイクメーカーを示す言葉として「漢のKAWASAKI」と言われることがよくあります。
KAWASAKIは国内4大メーカーの中ではやや特異な位置にあり、メーカーとしての成り立ちも得意分野も異なります。

先に断っておくと「漢のKAWASAKI」というのは女性はカワサキのバイクに乗ってはいけないというわけではなく、「繊細さやお行儀の良さといった細かいことは気にしない」という意味で「漢」という言葉が使われているということです。

実際にバイクが好きな女性からカワサキは人気の高いメーカーとなっており、ある意味最もバイクらしいバイクという乗り方をすることができるメーカーであるとも言えます。

その理由はいくつかありますが、カワサキで販売されているバイクはいずれもハイパワーのものが多く、サーキットでの走行に耐えられるようなスペックのものもあります。

一方で日常乗りに人気の小型バイクやスクーターを全く製造しておらず、これぞバイクといった製品にこだわっていたりします。
性能面については常に賛否両論があり、初心者にはあまりおすすめできないのがカワサキのバイクなのですが、長く乗るにつれてその良さを実感することができるのもまたカワサキであったりします。

駆け出しライダー情報局

運営者情報

運営者情報

ライダー情報局

サイト概要

「駆け出しライダー情報局」は、新しいライダーたちが安全かつ楽しくバイクライフを始められるようにサポートすることを使命としています。初心者から上級者まで、幅広いライダーに役立つ情報を提供し、モーターサイクルコミュニティを豊かにできる情報をお届けします。

Copyright ©2024駆け出しライダー情報局All Rights Reserved. |サイトマップ