2人乗りで事故を起こした場合、保険は適応するの?

バイク保険の種類

バイク保険には自賠責保険と任意保険というものがあります。
自賠責保険というのは加入することで万が一の事故の際に交通事故の被害者を救済することを目的としており、すべてのバイクに対して加入が義務付けられているものです。
法律で定められているため、強制保険という言われ方がされることもあります。

それに対して任意保険というのは加入するかどうかは個人で決めるものです。
自賠責保険の補償内容というのは決して補償内容が充実しているとは言えないものであり、自賠責保険では補償しきれないような内容まで賄ってくれるものが任意保険になります。
加入することは自由ですが、万が一の時に相手や自分がしっかりと補償を受けられるようにということで加入しておいた方が良いとされています。

任意保険の搭乗者傷害保険

任意保険に加入するほうが良いとされる理由の一つが搭乗者傷害保険です。
搭乗者傷害保険というのは自分やバイクの同乗者が事故にあった際に受けた損害を補償してくれるという保険です。

加入していることによってすべての搭乗者に対して補償が適用され、運転手だけでなく同乗していた人に対しても補償が受けられます。
搭乗者傷害保険には死亡・後遺障害・障害に保険金が支払われるものと傷害の治療に対しての保険金歯科支払われなおものとがあります。
そこで、加入にあたっては補償範囲について確認することが重要です。

搭乗者傷害保険が補償をする範囲

搭乗者傷害保険の補償範囲というのは似た性質を持つ保険である対人損害保険と比べるとわかりやすいです。
二人乗りをしている時の補償内容というのは自分に関係ないとないがしろにされがちですがとても重要な内容ですから事前にしっかりと比較して自分に合っている保険を選ぶ必要があります。

対人賠償保険というのは同乗者が他人であると補償の範囲内ですが、自分自身や家族は補償対象となりません。
それに対して搭乗者傷害保険は自分自身や家族を含む誰でも同乗者であれば補償対象となります。
自分が日常的に誰をバイクに乗せるのか、ということも考えて保険の種類を選ぶ必要があるのです。

事故が起きてからでは遅い

バイクを運転する際に誰もが事故に遭いたいとは思っていません。
しかし、どれだけ自分が注意深く運転をしていても事故に巻き込まれてしまうという可能性はあります。
万が一事故に遭ってから保険や補償内容を選ぶのでは間に合いません。

加入するにあたって、とりあえず保険に入っておけば大丈夫と思っている人も多いです。
しかし、加入するときに自分だけでなく同乗者の補償内容までしっかりと考えておくこと、バイクに乗り始めてからも定期的に補償内容の見直しをすることが万が一の時への備えとしては大切なのです。