おすすめバイク用スマートフォンホルダー

バイクでスマホを楽に利用できる・・スマホホルダー

バイクで長距離のツーリングを楽しむときに便利なのがスマホホルダーです右。
バイクを運転していても、スマホの画面を見ることができ、ナビとして利用している方もいます。

バイク用スマホホルダーはUSBを使ってバイクから充電できるタイプもあるので便利です。
色々な種類があるので自分が使いやすいタイプを選びましょう。

自分にあったスマホホルダーを選ぼう

スマホホルダーを選ぶとき重要な要素となるのが、スマホのサイズとスマホホルダーのサイズがあっているかどうかという点です。
固定できるスマホのサイズはある程度余裕をもって作られていますが、サイズを必ず確認しましょう。

取付方法はボルト式、ねじ式、クリップ式があり、それぞれ特徴があります。
ボルト式は六角レンチなど工具を使ってバイクにしっかり固定できるタイプです。
工具が必要となるので取り外し取付が少々面倒ですが、ねじで叱り固定できるため、盗難被害にあいにくくいたずらのリスクも減少します。

ねじ式は手軽に設置でき、クリップ式よりもしっかり固定できるので使い勝手のいいタイプです。
しかし工具がなくても簡単にバイクから取り外しができるので、盗難リスクはボルト式より高くなります。

クリップ式は手軽に脱着できるので保有している他のバイクや自転車、またベビーカーなどにも取付可能です。
しかしクリップで挟むだけなので、設置したままだと盗難にあう可能性があります。

スマホの固定方式を見てみよう

酢馬ホルダーは機器にスマホを設置する際の固定方式の違いもあります。
クランプ式はスマホをはさみ固定するタイプで、スマホの上下左右をはさむタイプと、角、四隅を固定するタイプがあり、いずれも簡単にスマホを固定できるのでてがるなタイプです。
しかしスマホがむき出し状態となっているため、雨、埃に弱いデメリットがあります。

ゴムバンドで固定する豪式は、上下左右の辺をクランプで固定、四隅の角をゴムで固定するタイプです。
ぐらつきもなくしっかり固定できますが、ゴムは経年劣化するため大切なスマホが落下などしないように、劣化が起きていないか定期的な確認が必要でしょう。

ポーチ式はスマホ前面がビニールカバーで覆われているので、埃・自ら守ることができます。
飛び石などの危険性がある山道を走行する際にも、スマホを保護してくれますが、透明カバー越しに操作するため、操作性が悪いのがデメリットです。

おすすめのスマホホルダーにはどんな機器がある?

デイトナはバイク乗りの方におなじみの大手メーカーですが、デイトナからもバイク用スマホホルダーが販売されています。
DAYTONA バイク用 スマートフォンホルダーWIDE IH-550Dは、ハンドル径22φから29φ、スマホ対応機種寸法目安が50から58mmです。
上下についているアームとフックで細かく調整できるので、スマホをしっかりホールドします。

バルサ堂のスマホホルダーは、急速充電防水仕様の多機能型スマホホルダーです。
走行中にバイクから電源がとれるようにUSBがついていて、スマホの充電器切れの心配がありません。
USBソケットに水やほこりなどが入り込まないように防水保護用ゴムカバーが付属していることや、落下防止用ラバークリップの予備まで入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です