雨の日に持っておきたいアイテム

  1. >
  2. >
  3. 雨の日に持っておきたいアイテム

レインアイテムの種類

バイクでの走行中に重宝するのがレインアイテムです。
バイクで走行をするときにはどうしてもライダーの体が風雨にさらされてしまうことになりますので、荒天に備えてあらかじめグッズを準備しておく必要があります。

レインアイテムとして販売されている製品としては、「レインウェア」「グローブ」「ブーツ・シューズ」といったものが挙げられます。
このうちもっとも基本となるのが「レインウェア」で、非常に多くの製品があります。

バイク用レインウェアの基本的な構造は上下のセットアップになっており、折りたたんだときに小さなポーチにまとめることができるということです。
これはバイクに乗っているとどうしても体全体が濡れてしまうということと、持ち運ぶ時に邪魔になってしまうからです。

レインウエアにもピンからキリまであり、薄型で携帯に便利なものから本格的な風雨を防ぐことができるものまでがあります。
普段のバイクの使い方として通勤通学など近場をメインに利用しているということであれば簡易型のレインウエアでも十分なのですが、長距離ツーリングをするといった場面では十分に機能を発揮できないこともあります。

レインウエアの選び方としては、「防水性能」と「携帯性」のどちらを優先させるかがポイントになってきます。
とはいえ近場メインのライダーであっても朝から大雨という日も必ずありますので、バイクを購入したタイミングでしっかりした丈夫なレインウエアを購入しておくことがおすすめになります。

おすすめの素材としてはゴアテックスがあり、こちらは工事現場でのスタッフ用雨具にも使われる大変優れた防水性能を持っています。

次にグローブやブーツですが、こちらは通常用の他に雨天用というものがあります。
特にグローブは雨に濡れるとたちまち水を吸い込みグリップを滑りやすくしてしまいますので、しっかり耐水性能のあるものを選ぶようにしておきたいところです。

雨天時の運転の注意点

雨天用の備えをしておくことは大切ですが、忘れないでもらいたいのがバイクはそもそも雨に弱い乗り物であるということです。

最近では都市部でゲリラ豪雨のような短時間に大量に降る雨が見られるようになっていますが、数十センチでも浸水があるとバイクはたちまち運転に支障が出てきます。

バイクのエンジンは床面に近いところにありますので、そこが水につかってしまうとその後仮に完全に乾いても正常な動作をしなくなってしまうことがあります。

急な雨があった場合にはすみやかに衣類を雨天用のものに交換をするとともに、浸水の危険がある場所はハザードマップなどで確認して近寄らないようにしておくことが肝心です。

駆け出しライダー情報局

運営者情報

運営者情報

ライダー情報局

サイト概要

「駆け出しライダー情報局」は、新しいライダーたちが安全かつ楽しくバイクライフを始められるようにサポートすることを使命としています。初心者から上級者まで、幅広いライダーに役立つ情報を提供し、モーターサイクルコミュニティを豊かにできる情報をお届けします。

Copyright ©2024駆け出しライダー情報局All Rights Reserved. |サイトマップ