雪の日でもバイクに乗りたい場合は?

  1. >
  2. >
  3. 雪の日でもバイクに乗りたい場合は?

雪の日のバイク

バイクに乗る人にとって雪が降るととても困るものです。
雪の日は自動車でも運転するのが悩ましいものであり、自動車以上に危険が伴うバイクともなれば運転するのは事故に巻き込まれないかという不安があります。

ツーリングが趣味の人がバイクに乗れない際には趣味が楽しめないという問題だけですが、通勤や通学、生活の足としてバイクが必要不可欠な地域に住んでいるという人はかなりの問題です。
そのような地域の人は雪が降っていてもバイクに乗ることが必要になり、そういった人のためのバイクアイテムもあります。
そこで、ここではバイクに乗りたいという人の雪対策のグッズを紹介していきます。

冬場のタイヤ対策

冬のバイク運転に不可欠なものといえばスタッドレスタイヤです。
自動車だけでなくバイクにもスタッドレスタイヤがあり、冬場に雪の積もる地域では新聞配達のスクーターもよく付けています。

スタッドレスタイヤだけでなく、125㏄以下まではスパイクの仕様が認められています。
かなりグリップをするのですが、明日ファストと雪が混じっているような場所では使えません。
また、地域の条例によって使える地域や条件が違うというケースもあるので注意をしましょう。

チェーンも自動車同様に使うことができます。
これは原付サイズからオフロードバイクまでありますし、雪質によってグリップの有無も違うので走りやすいことが多いです。

タイヤの選びかた

雪の中を走るといっても地域によってその状況は様々です。
雪深い地域であれば常に雪が積もっている道を走ることになりますが、都会となれば雪が積もっているところとアスファルトのむき出しの部分とを走ることもあります。
雪は積もっておらず路面が凍結しているところを走るということもあり、寒い地域、雪の降っている地域と言ってもその状態はすべてが同じではありません。

そして、このような状態によって使うのに適しているタイヤは違うものです。
そこで走る路面の状況によって選ぶことが重要になります。
自分での判断が不安なときにはバイクショップで自分のバイクと路面状況とで適しているものがどういったものになるのかを相談して決めるようにしましょう。

また、いくら必要とは言ってもバイクで雪道を走行するのはとても危険なことです。
なかには生活手段のためだけでなく、アドベンチャー的な要素で雪山を走行してみたいという興味本位の人もいます。
公道で走る際には自分の危険だけでなく周囲も事故に巻き込む危険があることを理解したうえで走ることが重要です。

もしも遊んで楽しみたいという場合には私道や安全確保ができている場所を走るようにしましょう。
タイヤ選びだけでなく、雪の上を走る際の運転方法についても確認をしたうえで走るようにもしましょう。

駆け出しライダー情報局

運営者情報

運営者情報

ライダー情報局

サイト概要

「駆け出しライダー情報局」は、新しいライダーたちが安全かつ楽しくバイクライフを始められるようにサポートすることを使命としています。初心者から上級者まで、幅広いライダーに役立つ情報を提供し、モーターサイクルコミュニティを豊かにできる情報をお届けします。

Copyright ©2024駆け出しライダー情報局All Rights Reserved. |サイトマップ