高速道路で時間をかけず通過できるETC

バイク専用ETCはどう選ぶ?

ETCを付けていれば高速道路で停車することなく料金を支払う事ができ面倒がありません。
最近はバイクでもETC車載器を取り付けスムーズに料金所を通過する方が増加中です。

ETCを利用することで高速料金が割引されることもありメリットも高いのですが、取り付けが面倒、また機器が多すぎてどれにすればいいかわからないという声もあります。
バイク用ETC車載器の選び方や、取付方法など理解しておくといいでしょう。

バイク用ETC車載器を設置方法で選ぶ場合

ETC車載器を設置方法で選ぶ場合、アンテナ一体型とアンテナ分離型があります。
アンテナ一体型は読み取り機器とアンテナが一体になっているものです。
誤動作しないようにハンドル周囲など安定した部分に設置する必要がありますが、配線が複雑ではないので取り付けやすく、セットアップ費用を安くできます。

ただし、ハンドル部分に取り付けることで操作しにくくなり、ETC車載器が丸見えとなるため盗難被害にあいやすいことがデメリットです。
アンテナ一体型を利用する場合、鍵付き若しくは屋内に駐車できる環境で使いましょう。

アンテナ分離型は読み取り機とアンテナが別になっているタイプです。
バイクの目立たない部分に読み取り機を設置できるので盗難被害にも合いにくく、操作の邪魔になることもありません。
バイクの見た目にも影響しませんが、配線が複雑なので取り付ける際、費用が高くなうことがデメリットです。

ETCの読み取り方法の違いから選ぶ

ETCの読みとりは、カードをスロットに挿入する方式と挟み込む方式があります。
スロットにカードを挿入する読み取りタイプはカードの出し入れが楽なので、乗り降りが多い方におすすめです。
ただし、挿入口から埃や水が入りやすく故障のリスクがあります。

挟み込み式はカードを機器に挟み込んで利用するため、カードの出し入れが手間というデメリットがありますが、故障しにくく長期間利用できるタイプです。
どちらも一長一短あるので、自分にとって使いやすいタイプを選択しましょう。

この他に防水・防塵性能も確認すべきです。
防水・防塵機能に土江は、IPコードにより表記され、IPの次に来る数字によって性能がわかります。
例えばIP57であれば、前の数字が防塵、後ろの数字が防水となるため、防塵機能が5級、防水機能が7級の機器です。
数字が大きくなる方が性能も高くなるので、この数字を確認することも忘れないようにしましょう。

ETC車載器の設置の注意点とは

バイクの場合、四輪車にETCを設置するときとは異なり、セットアップ時に個人情報を登録しなければなりません。
そのため、セットアップする時には信頼できる登録店で行うことが必要です。

二輪車ETCを利用する規定など承諾も必要となり、利用する人が異なる場合、機器の所有者登録の変更など行います。
費用が掛かるので個人でセットアップしたい方も多いと思いますが、正規の業者に依頼する方が間違いもなく安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です