バイク用もあるドライブレコーダー

バイク用のドライブレコーダーで万が一に備えよう

バイクも車もどんなに気を付けて運転していても、事故の可能性が絶対にないとはいえません。
特にバイクは二輪で走行しているため、事故のリスクが高くなります。
また最近は「あおり運転」も話題になっていますが、交通事故が起きたとき、どちらに非があるのか、証拠として残すことができるのがドライブレコーダーです。

目撃者がいない事故の場合、どちらに問題があって起こった事故なのか判断がつかないこともあります。
バイクを運転していて事故トラブルとなった場合に備え、ドライブレコーダーを準備しておくことも必要です。

バイク専用のドライブレコーダーを用意しよう

交通事故の証拠として利用することができるドライブレコーダーは、ツーリング記録を残す機器としても注目されています。
今はたくさんのバイク用ドライブレコーダーがありますが、自分にあったものを選択する必要があるでしょう。

バッテリーの違いや機器の耐久性の違いなど、タイプ別に考えてみると選びやすくなります。
耐久性、機能性、バッテリーからドライブレコーダーを比較してみました。

バッテリーの違いからドライブレコーダーを選ぶ

ドライブレコーダーのバッテリーは、充電・電池・給電と三つのタイプに分ける事ができます。
その中でも面倒がないのが給電式です。
充電する必要もなく、途中でバッテリーが切れて肝心なシーンを撮り逃すこともありません。

充電する際に電気代や電池の費用が掛かることもないので、費用も掛かりにくいのです。
ただ給電式はバイクから給電することになるため、取り付けが面倒というデメリットもあります。
簡単に利用したい方は、充電式や電池式の方がいいでしょう。

電池式は電池を交換すれば酢宮に利用できますし、山名の中などでなければコンビニなどで電池を購入し利用できます。
充電式はバッテリーとしてもちが良いのですが、切れた場合、交換用のバッテリーがなければ使えなくなるので、利用する際には移動距離に合わせてバッテリーの予備を考えることが必要です。

耐久性のいいドライブレコーダーを選ぶ場合

バイクは車のように室内に機器を取り付けるのではなく、外気にさらされることになるため、耐久性のいいものを選択することも考えましょう。
ツーリングなど長距離を走るときには、何時天候がおかしくなるかわかりません。
また天気がよくても埃がすごいこともあるため、防水・防塵タイプがおすすめです。

埃や水が機器に侵入してしまうと、機器がトラブルを起こし肝心な事故シーンが撮影されないこともあります。
埃や水に強いタイプを選択することも重要です。

ドライブレコーダーによって機能性も様々

ドライブレコーダーによって画質、録画スタイルなど、機器の機能性が違います。
高機能タイプは事故シーンも鮮明に撮影してくれるのでより安心です。
トンネル、夜間走行でも明るさを調節してくれるタイプや、駐車している間も監視してくれるモードを選択できるタイプもあります。

バイクはいたずらされることもあるので、屋外に駐車する方にもおすすめです。
自分にとってどんな機能が必要なのかしっかり考えて選ぶ方がいいでしょう。

おすすめバイク用ドライブレコーダー 簡易取付方式「アサヒリサーチ Driveman」

簡易取付方式「アサヒリサーチ Driveman」は、楽に取り付けられるタイプで、両面テープによってヘルメットに貼り付けるだけで利用できます。
かなり強力な磁石が埋め込まれているので、金属面なら楽に取付できるタイプです。

落下防止ストラップも利用できるため、紛失を予防することもできます。
手軽に利用できるタイプですが、8時間の連続録画も可能、防水防塵性能も持っているので機能性も十分です。

高機能タイプなら高性能ハイエンドカメラ「ユピテル(YUPITERU) BDR-2 WiFi」

高機能タイプが欲しい方には、高性能ハイエンドカメラ「ユピテル(YUPITERU) BDR-2 WiFi」がおすすめです。
常時録画・イベント録画・常時録画とイベント録画と3種類の録画モードを選択できる使い勝手のいいドライブレコーダーとなっています。
専用アプリがあるので連携することで、ツーリングの様子をスマホから確認することもできる優れものです。

天候が悪くても埃が多い道でも安心の防水・防塵性能でツーリング記録を残したいときにもおすすめです。
お値段が少し高くなりますが、高機能タイプのドライブレコーダーが欲しい方には最適な商品といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です