ワインディングの基礎知識

ワインディングロードを制する者がツーリングを制する

ツーリングをする際に、ライダーの多くが憧れるポイントとされているのが、ワインディングロードです。
曲がりくねった道のことを指しますが、ワインディングの多いコースを走ることを専門としたツーリングチームなどもあるほど、人気のポイントとして知られています。

ですが、ワインディングは難易度が高い場所として知られていますので、知識と運転技術のないまま出向くと、大事故に繋がる可能性があります。
特に、曲道が続いているようなコースに赴く際には、よく運転慣れをしておくことが必要不可欠です。
曲がるコツさえ一度わかってしまえば、ワインディングも怖くありませんので、このようなポイントを最低限守るようにしましょう。

速度は控えめに、丁寧な走りを心がけて

ワインディングを出来るだけ早く、サッと駆け抜けたくなる気持ちはわかりますが、全く現実的ではありません。
速度はきちんと落として、十分安全運転を行うようにしましょう。

速度を落とさなければいけない理由は主に二つ。
操作技術の面と、前方確認の面です。

速度が早いままカーブに突っ込めばどうなるかは言うまでもありません。
衝突事故、曲がり切れずに転倒事故に繋がる危険性が高くなりますので、絶対にやめましょう。

また、ワインディングロードでは、景色が良い所が多いため、曲がった先に車を止めて、写真撮影をしているようなケースが少なくありません。
前方をよく確認せずに曲がってしまうと、止まっている車と衝突する事態が起きかねないので、十分確認するためにも、スピードをよく落としましょう。

前方確認と後方確認はこまめに行う

曲がる際の前方確認を行うことはもちろん、後続車が居ないかどうかなどの確認をすることも大切です。
後続車が居る場合は、どうしても慌てて曲がろうとしてしまいがちですので、先に道を譲るというのも、一つの手でしょう。
ゆっくり落ち着いてカーブすることが、ワィンディングには最も重要なポイントになります。

また、ワインディングロードに何人かで向かうという場合。
人によって曲がるタイミングや曲がり方は異なりますので、つられて同じように曲がってしまうと、転倒に繋がる危険性があります。
人は人、自分は自分ということをよく理解した上で、何人かとワインディングロードに挑戦するようにしましょう。

バイクによっても曲がる際に個性がありますので、人の真似をしているだけでは、上手く走れない場合もあります。
ワインディングロードは、そんなバイクの個性を見つけるためにももってこいの練習ポイントですので、カーブが上手くなりたいという方は、是非ともまずは挑戦してみましょう。