Uターンが上手くなるポイント

バイクでのUターンは転倒の可能性大の危険ポイント

バイクは転倒事故が起きやすい乗り物です。
普通に乗っていても、ちょっとした操作ミス、何らかの原因ですぐに転倒してしまい、事故に繋がる可能性があるでしょう。
特にバイクの事故で起きやすいと言われているのが、Uターンをしようとしたときに発生する転倒事故です。

バイクはその構造上、無理して横に倒れすぎると、当然本体ごと倒れます。
自転車感覚でUターンをしようとすると、本体の重量の関係で、すぐに転倒してしまうのです。
そのままライダーも巻き込まれてバイクの下敷きになるというケースも稀にありますので、十分注意が必要でしょう。

Uターンをすることはめったにないかもしれませんが、事前にポイントを押さえておくことが大切。
こんなことに注意してUターンを行うようにしましょう。

フルステアを維持しながらゆっくり旋回しましょう

Uターンの際には、ちょっとハンドルを切るのではなく、思いっきりハンドルを切った状態を維持しておく必要があります。
少しだけハンドルを切った状態ですと、上手く曲がり切れず、転倒をしにくくなります。

カーブに入る際には、体重移動を曲がる方にするという教えを受けている方は少なくありません。
確かにコーナリングの際には間違ったことではありませんが、Uターンの際にはそれは誤り。
Uターンをする際には、両足を地面について、出来るだけ姿勢はまっすぐキープしたまま、ハンドルだけを駆使して曲がるようにしましょう。

スピードはゼロにしてリラックス

スピードはゼロにして、両足をしっかりついた状態で、上記の方法を行っていく必要があります。
走りながらUターンをするのは、足がつかないバイクの場合のみですので、足がつかないバイクの場合は、出来るだけ足を付いて、確実にUターンを行いましょう。

Uターンの際には、後続車を気にしてついつい慌ててしまいがちですが、バイク運転の際にはどんな時も、冷静に、落ち着いて操作を行うことが大切です。
一つ一つの動きを丁寧に行い、転倒事故が起きないようにしましょう。

足がつかないバイクの場合はこの方法でUターン

上記の方法はあくまで、走行中でも両足を地面に着くことが出来るバイクに限られます。
両足が地面に着かない場合は、出来るだけ安定したゆっくりした速度で、大きく弧を描くように、Uターンをしていきましょう。
Uターンが難しいという場合は、周りの安全を確認した上で、思い切って一度降りて、バイクを引きづってしまうのも一つの手です。

転倒事故に繋がるよりは、こちらの方法の方が賢明と言えるでしょう。
出来るだけ安心して走るためにも、こうした方法を覚えておくことも一つの手です。