綺麗にコーナーを回るには

コーナリングはビギナーの難所

バイク初心者が意外にも苦戦するポイントなのが、コーナリングです。
いわゆる曲がり道、カーブのことを指しますが、車と違ってハンドル一つで曲がるわけではありませんので、慣れないうちはどうしても大変に感じます。
中には、コーナリングに失敗をしてしまい、交通事故を起こしてしまったという方も少なくありません。

そんな、場合によっては死と隣り合わせともいえる、コーナリング。
驚かしてしまいましたが、別にコツさえ掴めば大したことではありません。
初めて自転車に乗れた時と同じように、一度タイミングさえつかめてしまえば、誰だって曲がれるのです。

ビギナーでコーナリングを上手くするためには、まずこれらのことに注意をしてみてください。

まずは速度調整が出来るようになりましょう

カーブに大切なのはまず、速度調整です。
どんなにプロのライダーでも、速度をそのままに、カーブを曲がることは不可能で、ほとんどのライダーが、カーブ前にスピードを落としています。

初心者にありがちなのがこの速度調整の部分で、そのままのスピードで曲がり角に突入した結果、上手く曲がれないという方は少なくありません。
場合によっては曲がりきることが出来ずに、壁に激突するという悲惨な交通事故を招く場合もあるでしょう。

そうならないためにも、まずは速度調整が上手くできるようにしましょう。
カーブを曲がる際には、出来るだけ余裕をもって、長く一定にブレーキを掛けるようにしてみてください。
ブレーキを緩くかけ続けてスピードが遅くなったら、ブレーキをゆっくりと戻して、曲がる方に体を緩やかに傾けていきます。

この時、ブレーキを握ったまま曲がろうとすると、タイヤが動かず転倒の原因に繋がる恐れがありますので、絶対にやめましょう。
慌てて操作をするとミスに繋がりますので、十分注意が必要です。

曲がるタイミングが分かればすんなり曲がる

バイクで曲がる際には、勇気を出して、体を曲がりたい方向に傾ける必要があります。
本当に微々たる傾きだけでは、重いバイクを動かすことが出来ません。

もちろん、余りにも倒れてしまったらそのままバイクごと倒れてしまいますので限度は必要ですが、気持ち多めに傾くようにしましょう。
傾く度合いを測るために、何度か緩いカーブで、練習をしてみることをおすすめします。

また、ある程度カーブできたら、必ずすぐに状態を起こしていきましょう。
そのままの体勢ですと確実に転倒しますので、倒してから忘れずに、リリースすることを忘れてはいけません。

バイクは非常に、上半身の動きに左右されやすい乗り物です。
その為、倒れる角度やタイミングが分かれば、案外簡単にコーナリングをすることが出来るでしょう。