バイクのハンドルの種類について

バイクのハンドルには種類がある

バイクのハンドルはバイク操作で重要な部分です。
そして、バイクのビジュアルを決める重要な要素でもあります。
そのため、カスタムして好みのハンドルを取り付けるという人もいます。

ここではハンドルの種類を紹介していきます。
今よりももっとバイクをかっこいいものにしたり、走りやすいものにしたりするためにもハンドルの種類は知っておいて損はありません。

セパレートハンドル

セパレートハンドルというのはハンドル部分が左右に独立した形状になっているものです。
ツアラータイプのバイクやスーパースポーツタイプのバイクはこのセパレートハンドルが多く採用されています。

セパレートハンドルを取り付けることで見た目がスポーティーなバイクになること、ライディングポジションが前傾姿勢になることで疾走感が感じられるという特徴があります。
その反面、前傾姿勢になるために疲れやすいというデメリットもあり、ロングツーリングにはあまり向いていません。
また、ハンドルの切れ角が小さくなるので小回りがあまりきかないです。

バーハンドル

バーハンドルというのはバー(棒状)のハンドルであり真一文字のような形状をしています。
ネイキッドスタイルのバイクに多く取り付けられているものです。

ハンドルクランプで固定をしているのでセパレートハンドルに比べてハンドル位置が高くてライディングポジションが取りやすくなっています。
視点も高くなるので視野が広がり遠くを見ながらの運転ができるのもメリットです。
ロングツーリングでも疲れにくく走りやすくもあります。

ハンドルの切れ角も大きくなるのでUターンもしやすいです。
ツーリングでは走りやすいのですが、風の抵抗を受けやすいという点では疾走感があまり感じられずライディングが楽しめないというデメリットもあります。

ハンドル交換をしたいとき

自分の好みのバイクにするためにハンドルを違うタイプにしたいという見た目の希望はもちろんですが、走りやすくするために軽い素材にしたい、幅を変えたいといった希望のためにハンドルを違うものにしたいという人もいます。
また、バイクで転倒したり傷を付けたり劣化したりして、ハンドルを新たなものにしたいという人もいます。
そういったときには新しいハンドルを購入して自分でも交換することが可能です。

ただし、ハンドルというのはブレーキやアクセル、クラッチといった大事な機構にも影響を与える部分でもあります。
そこで、取り外しに不安があるという人はハンドルを購入した店舗やバイク修理店などで依頼をして取り付け作業をしてもらうようにしましょう。
自分で取り付けた際も安全が確保できている場所で走行性に問題ないか確認をしたうえで出かけるようにしましょう。